人気ブログランキング |

<   2013年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

by snow |

宙玉レンズの作り方 for マイクロフォーサーズ

宙玉写真はFotoPusの方に先行してアップすることが多いのですが、ときどき「どうやって撮ったのか?」という質問をいただきます。
本家のサイトで紹介されているとおり作り方はいろいろとあり、必要なものも使用するレンズなどによって多少変わってきます。
ですのでここでは私が普段使っているものをご紹介します。

【必要なもの】
1.チップスターSの空き箱
 確認してないのでわかりませんがLサイズでも大きさが同じならOK(途中で切るので)。味はお好みで(笑)
2.宙玉レンズ
 手作り雑貨[マミンカ]にて加工済みのものが購入できます。2,100円+送料(2013.4現在)。
3.フォーサーズアダプター
 オリンパスのでもパナソニックのでもどっちでもOK。
4.マクロレンズ [ ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro]
 中古で17,000円前後、新品で25,000円前後でしょうか。
 個人的にはこのレンズなくして宙玉写真なしと思っています。その理由は後々。

【作り方】
1.チップスターのフタの内側の部分を抜き、宙玉レンズをはめる。
f0063686_21343963.jpg


2.チップスターの筒の下側の部分を適当な長さに切る。
f0063686_21353491.jpg

 筒の長さによって中央に写るアクリル球の大きさが変わります。
 最初は長めにしておき、実際に撮ってみてから好みの大きさになるように切った方が良いでしょう。
 私が使っているものは10cmくらいです。

3.マスキングテープなどで装飾する。
 これは完全にお好みですがデザインも豊富な上、安価なので「のりしおのまま使いたくない!」という方には良いかと。
 後述しますが、結構重要なメリットもあります。

4.レンズに取り付ける。
f0063686_21372495.jpg

 一般的な宙玉レンズ作りで必要とされるステップアップリングなどなしでジャストフィットします。
 これがこのレンズなくして~と思っている理由です。要はめんどくさくない(笑)

ただ実はわずかに筒の方が大きいため、脱着には便利なのですが少し触っただけでも位置が変わってしまったり、
カメラを肩がけなどしていると外れてしまうことがあります。
そこで先のマスキングテープ。
レンズに付ける方の内側にマステを重ねて貼って厚みをもたせれば、簡単には外れないようになります。
同じ理由でフタの方にも貼っておくことをオススメします。

【撮影時のあれこれ】
・基本MF。
  MFアシストを使えばピント合わせは楽にできます。
・方眼表示しておく。
  アクリル球が画角の中央からずれたときにすぐにわかります。
・絞りを開きすぎない、絞りすぎない。
  開きすぎると何を撮ってるのかわかりづらくなり、絞りすぎると背景がうるさくなります。
  オススメはF4~6.3。ただし夜景などで光源ボケを作りたいときは開放でもOK。
  ARTモードで撮っていると気づかないうちに絞られることがあるのでよく確認しましょう。
・宙玉レンズ自体の汚れに注意。
  夜景などで光源ボケを作ったとき、宙玉レンズに繊維状のゴミなどが付着しているとボケが汚くなります。
・フタ部分の落下に注意
  テープなどで完全に固定すれば別ですが、脱着可能な状態だといくらマステできつめにしておいても外れてしまう場合があります。
  なのでカメラを肩がけにして歩くときなどはこまめにチェックするか、フタ部分に手を添えておきましょう。
  以前、広い草原で落としたことがあり探すのに苦労しました(笑)

f0063686_21545875.jpg

 撮影時はアクリル球の中だけが上下反転します。
 撮影後にカメラ内やPCで180度回転させてください。

f0063686_2222450.jpg


カメラを上や下に少し振るだけでも背景が大きく変わります。
同じ被写体でも背景に色が入るとイメージも変わってくるので、その辺を意識して撮ると良いと思います。
f0063686_015265.jpg


以下、作例。
f0063686_22122324.jpg

見づらければこちらで。
http://fotopus.com/myfotopus/album/detail/d/o/photoAlbumCd/2004

【追記】
動画で録ってみるのも案外おもしろいです。



by snow | by snowwhite_mist | 2013-04-20 22:37 | 宙玉

バトンタッチ

f0063686_21571950.jpg
α99 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

次に咲く花へ。


by snow | by snowwhite_mist | 2013-04-19 21:57 | α99(12-14)

落花の軌跡

f0063686_2356580.jpg
α99 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

流れのまにまに。


by snow | by snowwhite_mist | 2013-04-18 23:57 | α99(12-14)

sakura drops

f0063686_2255104.jpg
α99 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

雨のように雪のように。


by snow | by snowwhite_mist | 2013-04-17 22:54 | α99(12-14)

standby

f0063686_23445993.jpg
α99 + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM

いつでも動けます。


by snow | by snowwhite_mist | 2013-04-16 23:44 |

朝のお支度

f0063686_19325042.jpg
α99 + AF 70-200mm F2.8G(D) SSM

一日の始まりは身だしなみから。


by snow | by snowwhite_mist | 2013-04-15 19:33 |

映る十色に憧れる

f0063686_2129559.jpg
α99 + AF 70-200mm F2.8G(D) SSM

オオバンもたまには色変えたいかも。


by snow | by snowwhite_mist | 2013-04-14 21:29 | いきもの

金森 玲奈 写真展「日々を紡ぐ」

f0063686_20185030.jpg

期間 東京:2013年4月11日(木)~4月17日(水)
   大阪:2013年5月7日(火)~5月15日(水)
時間 午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
会場 オリンパスプラザ 東京(アクセス
   オリンパスプラザ 大阪(アクセス
休館 日曜・祝日
詳細 http://olympus-imaging.jp/event_campaign/event/photo_exhibition/130411_kanamori/

ミモザの写真がすごく素敵でした。
ミモザってどこにピント合わせるのかいつも迷ってしまうのですが、
合わせなくても良いのかと勉強になった1枚(笑)

ギャラリートークの様子を撮影されている方がいて、ふと見たらなんと田中博さん。(EM-5+75mm F1.8使ってた)
自分が写真を始めた頃、CAPAの「花撮影のレンズワーク」というガイド本を買ってよく読んでいて、
その著者が田中さんだったのです。
当時はミノルタにお勤めでしたので、使用されている機材はすべてミノルタのもの。
何度も読み返してはいつか自分もこのレンズ買ってこんな写真撮るぞと思っていたものです。
写真展とはあんまり関係ない話ですけど(笑)

【追記】
先日買いそびれてしまった写真集をいただいてきました。
装丁が写真の雰囲気とぴったり。サインも入ってます。
f0063686_23243438.jpg

f0063686_23241744.jpg


その後・・・

by snow | by snowwhite_mist | 2013-04-13 20:31 | Photo Exhibition

風をはらんだ色とりどり

f0063686_223430100.jpg
α99 + AF 70-200mm F2.8G(D) SSM

映る姿も華やかに。


by snow | by snowwhite_mist | 2013-04-12 22:34 | α99(12-14)

朝の日光浴

f0063686_2125273.jpg
α99 + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM

身体に染みこむ光。


by snow | by snowwhite_mist | 2013-04-10 21:25 |


写真はつながり。            by snow